脱毛サロンの安心店

脱毛サロンも安くてリーズナブルなサロンが多くなり、とにかく安く済ませようと思えば脱毛も可能ですよね。でも中には悪質な脱毛サロンもありますから、注意しなければなりません。

数多い脱毛サロンの中で安心してお任せできるサロンを見つけることですね。その際の目安としていくつかのポイントをご紹介しておきましょう。

1.強引な勧誘をしない。 2.スタッフの対応。 3.清潔感のある店内。 4.分かりやすい料金体制。 5.追加料金がないこと。 6.サポート体制が整っていること。7.予約は取りやすいか。8.通いやすい立地条件。そして最後に脱毛体験者の口コミや評判ですよね!

有名脱毛サロンの中では激安サロンと高級サロンに分かれますが、激安サロンは激安なりの接客や施設、高級サロンなどは費用が少し高いですが、それなりの接客と施設と差が出てきます。

何を基準にして選ぶにしろ、雰囲気やスタッフの対応、清潔感など、自分が納得し満足できる脱毛サロンを選ぶことが大切です。

多くの脱毛サロンではキャンペーンをやっているので、安心できるサロンがどうか、カウンセリングでしっかり確認して、任せられる脱毛サロンを見つけることが大切です。

ミュゼ 上野などのフラッシュ脱毛では完全にすべての毛母細胞を破壊することは難しいので、永久脱毛ではないといわれています。それでもずいぶんキレイになることにはかわりありません。実際、脱毛コースを終えて10年経ってもまったく生えてこないということもあります。

 

深夜の訪問や会社への取立ての制限は?

貸金業法は、正当な理由がないのに社会通念上適切な時間帯に、業者が借主宅を訪れたり、電話やFAXを使って取り立てることを禁じています。具体的には午後9時から翌朝8時までです。

ここでいう正当な理由とは、借主側からこの範囲内の時間を連絡可能な時間として指定した場合など限定的に考えるべきで、借主がつかまらないとか、返済が滞っているというだけでは、正当な理由とはいえません。

あなたの借りたサラ金は違法な取立行為をしています。最寄りの消費生活センタ、各地の財務局や都道府県の貸金業担当課、貸金業協会(業界団体)に連絡し、業者に違法な時間帯の取立をやめるよう、指導してもらうことです。

貸金業者は、正当な理由がないのに、借主の勤務先など、その住まい以外の場所を訪問し、取立てを行なうことはできません。それらの場所に電話し、電報やFAXを送りつけて取立てることも禁止です。

借主は業者に対し「会社に取立てに来ないでくれ」と要請できます。それでも業者が取立をやめないなら、消費生活センタや貸金業協会などに相談することです。

なお、業者が会社など住まい以外に取立に来たため、借金が会社や同僚、取引先などに知られてしまい、

その結果、人事上の処遇や取引などで不利益を被ったという場合、被害者(借主)は業者を相手取り不法行為に基づく損害賠償の請求ができます。

また、刑法上、会社の業務は妨害されれば業務妨害剤になりますので、警察や検察庁に告訴することもできます。たとえ返済ができなくても、債務者は債権者からの違法な取立てを甘んじて受ける必要はありません。

即日融資 債務整理になってしまって、ヤミ金から多額の借金を抱えていても、暴力的・脅迫的取り立てを受けていても、解決できない問題はないので、できるだけ早く警察や法律事務所などに相談してみてください。

ヤミ金の取り立てが会社にまで

最近はカードローンといったものも出てきたため、各金融機関や消費者金融から手軽に融資を受けることが可能となっていますが、中には非合法な業者からお金を借りてしまう人もいるようです。

この非合法な業者のことを一般的にヤミ金と呼びますが、このヤミ金はおもに法律によって定められた金利をはるかに越える金利を取り、また行政に金融業の登録がされてないこともままあるため、こういった業者からお金を借りることは大変危険が伴うことがあります。

まず、雪だるま式に増えていく金利に対し、返済が追いつかないこともあるようですし、その違法性から取り立ての手段も問わないことも少なくなく悩んでいる方も多いと言われています。

この取り立て方法も、本人からの返済および連絡がつかなければ周囲を巻き込むような手口、勤務先にヤミ金と名乗り借金の取り立てをしてくるといった迷惑な行為も中にはあります。

そうなってしまえば勤務先で肩身の狭い思いをしますし、同じ職場で働いている人達にも迷惑がかかり、ヤミ金から借りた当人が冷たい目で見られることもあるかもしれません。

エスカレートしていけば、勤務先に居ることができなくなることも想定できます。ですのでヤミ金の取り立てが激化する前に、解決のためにも警察や弁護士にヤミ金 相談してみてはいかがでしょうか。

取立屋が「金返せ」と怒鳴る…

借金で苦しむ人の中には、取立屋に大勢で押しかけられて、自宅のドアをガンガン叩かれたとか、大声で何度も「金返せ!」と怒鳴られて、生きた心地がしなかったという恐ろしい経験をした人も少なくないと思います。

このような威迫による取立ても、もちろん禁止です。具体的には、暴力的な態度をとる、大声を上げる、乱暴な態度をとる、多人数で押しかける、などがあげられます。

もし、このような取立てを受けたら、すぐに110番することです。業者側は違法承知の行為ですから、警察官が駆けつければ、その場は取立てをやめて引き上げるはずです。

もっとも、平成15年8月1日の貸金業規制法(現・貸金業法)と出資法の罰則強化のきっかけとなった事件では、
被害者から相談を受けた警察にヤミ金業者は債務完済と回答したあとも違法な取立てを続け、被害者を自殺に追い込んでいます。

いったんは引き上げたものの、その後も同様の取立てが続くようなら、警察に被害届や告訴状を出してください。なお、出資法による貸金業者についての刑罰金利ライン(年20%)を超えるような暴利の契約、返済の代わりに風俗店で働くよう強要したり、売春をさせるなどは、もともと違法です。

この場合、すぐ警察に被害届を出すか、告訴することをオススメします。

取立ての電報の受け取りを拒否できないか?

マチ金から借りたところ、少しでも返済が遅れると、30分ごとに電話やFAXで督促があり、毎日のように電報が届きます。なんとかなりませんか?

暴利をむさぼるヤミ金業者の違法で強引な取立てが大きな社会問題になっていますが、法定金利で貸し付けるサラ金やその他の貸主のなかにも、1日でも返済を怠ると、しつこく取立てを繰り返す者がいます。

あなたのように30分ごとの取立ての電話やFAXが来たら、たいていの人は精神的に参ってしまうでしょう。

貸主だからとイッて、こんなしつこい取立てが許されるでしょうか。答えはNOです。このような行為は、借主や連帯保証人などの生活や業務の平穏を害する取立て行為を禁止した貸金業法に違反します。

また、金融庁の貸金業法に関する事務ガイドラインは、貸金業者やその委託を受けた取立屋が借主や連帯保証人などに対し、反復継続して電話をかけ、

電報を送り、電子メールやFAX文書を送信し、または居宅を訪問をすることは貸金業法の禁止規定に違反するおそれが大きいとしています。

業者が日に何度も取立てに来たり、電話や電報をよこす場合は、違法な取立て行為といえますから、消費生活センタなどに相談するといいでしょう。

なお、違法な取立て行為を繰り返す貸金業者や取立屋には、刑事処分、行政処分が科されるほか、被害を受けた借主側は民事訴訟を起こして慰謝料など損害賠償を請求することもできます。

夜遅くまで取立屋が来て困っていますが…

サラ金からお金を借りましたが、返済が1日も遅れると転先の社員が時間に関係なく自宅に押しかけ、またバイト先にも取り立てにくるので困っています。なんとかなりませんか……。

「借りた金は返すのが当たり前だ」「金を返さない者から取り立てて何が悪い」……。ヤミ金業者でなくても、お金の貸主(債権者)ならたいていこう思っているでしょう。

確かにお金を借りたら、その借主(債務者)は貸主との契約(金銭消費貸借契約)にしたがって、借金を返済する義務があります。ただし、法律に違反する利息まで支払う必要のないことは当然です。

そして、いくらお金を返さないからといって、貸主ならどんな取り立てをしてもいいというわけではありません。暴力や脅迫によって無理やり払わせることは犯罪行為です。法律手続きによらずに借主から資産を取り上げることも、自力救済といって違法です。

貸金業者(その依頼を受けた取立屋も含む)は、取立てに際して「借主(その家族や親族、保証人を含む)を威迫したり、私生活や業務の平穏を害するような言動をすることを禁じられています。

返済が遅れたという理由で違法な取立てを甘んじて受けなければならないいわれはありません。なお、取立て禁止行為は具体的に例示されており、違反者は「2年以下の懲役または300万円以下の罰金」となります。

借主の自宅や勤務先を、貸主が直接訪問して返済を請求する場合だけでなく、電話やFAX、手紙や電子メールを使って請求するのも、取立ての手段です。

債務整理のデメリット

債務整理をすると借金が減ったりなくなったりするのでメリットが大きいように思いますが、どの方法にもやはりデメリットはあります。

任意整理の場合、自己破産ほど大掛かりな手続きがないので気軽にできそうに思われますが、そのぶん、自己破産や個人再生よりも借金を減らす効果が低いといえます。

毎月一定の収入があるけど、借金の返済が苦しいといった場合に、返済額を減らすために利用するのが任意整理です。そのため、自己破産するのが嫌だからという理由で任意整理にしてしまうと、借金が想った以上にたくさん残って結局また支払いが苦しい状況になってしまうということがあります。

それでも、任意整理をおこなうと事故情報が金融機関のリストに載ってしまうので、自己破産と同様5年~10年はクレジットカードを持ったり借金をしたりすることはできません。

返済のめどが立たないような場合には、すべての借金返済が免除される自己破産をしたほうが、早く生活が安定することもあるでしょう。

自宅や自家用車を所有している場合、それらを手放したくないなら個人再生が良いと思います。借金苦で債務整理 相談をしたいと思っている場合、どうしても負い目を感じてしまいますが、消費者の気持ちになって相談を受けてくれる信頼できる法律事務所を見つけることが大切です。

不許可事由で免責が認められないことがある

同時廃止と管財事件ということばがあります。自己破産をすると、本人名義で所有している財産は処分する必要があるのですが、自分の名義で購入した財産で20万円以上の価値があるものが何もない場合、破産決定の時に同時に免責が決定します。

財産を持っていた場合には、その財産を処分して債権者に分配することになるので、手続きが終わるまでに時間がかかります。個人で自己破産する場合には、財産がなければ同時廃止事件になることがほとんどだそうです。

自己破産の申し立てをすると、その月からもう返済する必要はなくなりますが、申請しただけで借金が免除になるわけではありません。免責が決定したときにようやく借金返済の苦しみから解放されます。

期間としては半年くらいかかります。申請する時にも、通帳のコピーや収入証明、戸籍謄本などの必要書類が必要になり、手間がかかるので法務事務所や弁護士さんに相談してから手続きをはじめるほうがいいでしょう。

何もなければスムーズに免責が認められますが、借金の原因がギャンブルや株、投資の場合や、クレジットカードの利用枠の現金化を繰り返していた場合、そして過去7年以内に免責を受けていた場合などは、不許可事由になるため、免責が認められないことがあります。

ヤミ金は捕まらない?

ヤミ金被害は社会問題と言えるほど深刻な問題であるはずなのに、どうしてこの被害は後を絶たず、ヤミ金業者ははびこり続けているのでしょうか。その理由の一つがヤミ金業者が捕まらないからだと言われています。

ヤミ金は存在自体が違法ですので、法律に違反するとして逮捕されても当然ではないかと感じますが、実はヤミ金が貸金業を営業しているという証拠を残さず、表面的には違法行為は行っていない、と装っています。

つまり、貸金業は行っていないことになっているため違法行為がないということになります。仮にお金を貸しているとしても、それは営業行為としてではなく、個人での金銭貸借であると装うことで「民事」であるように装います。

警察は民事不介入の原則がありますので、民事間の係争には介入することが出来ません。ヤミ金側はどの程度の行為までは刑事事件として立件されるのかを熟知していますので、刑事事件に相当するような行為は行いませんし、行ったとしてもヤミ金業者が行ったというような証拠を残さないそうです。

そのためヤミ金は捕まらない事が多いそうです。ヤミ金の方が上手なんでしょうか?

そういう場合は、法律事務所などの専門家にヤミ金 救済のため、できるだけ早く相談してみてください。ヤミ金被害者の一人一人が泣き寝入りしないで、またヤミ金の脅しに屈しないで、勇気を持って立ち上がるべきです。

自己破産後の融資は可能?

やむを得ない事情により借金がかさみ、どうにも首が回らなくなってしまう事態も世の中にはあるようです。そんなときの救済措置として自己破産というものがありますが、これは債務者の申し立てから裁判にて支払いが不可能であるということが認められ、債務整理の手続きによって結果的に債務の支払いが免除されることをいいます。

しかし、これにはもちろんデメリットも存在しており、自己破産を行ったということは返済能力が乏しいということを意味しますので、長ければ10年程金融機関や消費者金融からの借り入れができなくなってしまいます。

しかし中には少額ながらも自己破産者にでも融資を受け付けているところがあるにはあるそうですので、どうしてもお金が必要な場合は、こういった消費者金融を探すといいかもしれません。

また、自己破産後の融資を受け付けているところで、キャッシングの現金化を謳っている金融業者やヤミ金といった類のものがありますが、法律的にグレーもしくは完全に非合法な場合もありますので、こういったものはなるべく利用しないほうがよいでしょう。

最近では過払いの返還請求といった広告も目立つため、自己破産を申し立てる前に、まずは弁護士に相談してみるのもいいのではないでしょうか。