判決離婚の結果

∇夫の特異な性格……慰謝料なし 

夫が定年退職した結婚17年目に別居し、21年目に判決離婚となりました。大学生の長男と高校生の長女がいます。

夫は、頑なまでにマイペースで、居住不動産の売却、購入という大事から、生活費の支給(給料は自分の必要分をとって残りを手渡す)、子どもの教育、親類づき合いその他諸々の面で自分だけの判断で事を選びました。

夫婦で相談するということがなく、妻が相談を持ちかけて協力を得ようとしたり、尋ねたりしてもほとんど耳をかさず、愚痴ったり非難めいたことをいうと、時に手当たりしだいに物を投げつける(ただし妻に向けるわけではない)という状態で、夫婦間の対話を欠き、妻は夫が夫婦や家族をどう考えているのか理解ができず、不満と不信の思いが長年の間にしだいにうっ積していました。

判決は、破綻の原因は、妻にも夫の人となりを理解し、対応するについて至らぬ点が指摘されるが、主な原因は、夫の性格ないし物の考え方、感じ方および日常行動があまりにも自己中心的で、感情に走りやすく、妻に対する思いやりにかけていた点にあることは明らかであると述べて、妻からの離婚請求を認めました。

しかし、慰謝料の点では、妻が夫との性格の相違から精神的苦痛を受けたであろうことは容易に推察できるけれども、夫はことさらに夫婦としての共同生活関係を破壊しようとしたとか、妻を虐待したというのとは趣が異なるのであるから、直ちに慰謝料を請求しうるものではないとしました。

自宅や会社にまで押しかけて返済を迫る

返済が滞ると、ヤミ金の取立てがエスカレートしていきます。電話でダメなら、今度は自宅にやってきて直接脅かします。借り手が払えないといっても許してくれず「いますぐ親戚や知り合いに電話してカネを借りろ」と迫ります。

カネを貸してくれるという親切な人が見つかると、本人といっしょにその人のところまで行き、借りた金を奪い取っていきます。また、借りた人が勤めている会社にまで押しかけてくることもあります。関係ない人が大勢いるオフィスで大声を出したり、騒いだりして本人を困らせたり、会社の同僚から借りて返済しろなどと迫ります。

借りた人をサラ金に連れていく場合もあります。サラ金のなかには審査の甘いところがあって、ヤミ金から借りているような人にでも金を貸してくれることがあります。そういう業者に無理やり引っぱっていって借金させ、自分のところの返済にあてさせるのです。

さらには、借りた人を事務所などに連れ込み、ほとんど監禁した状態でののしったり脅したり、ときには暴力をふるうことさえします。このような悪質な取立てに耐えられる人は少ないでしょう。

借りた人は借金をしているという「ひけめ」もあって、ヤミ金の取立ての恐ろしさに抵抗できなくなってしまうのです。ヤミ金が恐ろしくて抵抗できないという人たちの中には、そのような厳しい取立てに耐えかねて自殺する人も出ています。

脱毛サロンに行く前の毛の処理

脱毛サロンに行く前には、毛の処理をしっかりやっておかなくてはなりません。脱毛の前に長い毛があると、脱毛の効果が半減するからです。また、やけどなどの原因にもなりかねないので、事前のムダ毛の処理は重要です。

大体、施術する2~3日前には自分で剃毛し、当日は少し伸びている、という状態をつくることがベストです。完璧に処理してしまう必要はなく、あまりにキレイに処理すると、どこに毛があるのか分からなくなるので、逆効果になります。

自己処理の場合、剃るのが基本であることを忘れてはいけません。脱毛サロンに行く前のムダ毛の処理は、「剃るのが基本」です。決して毛抜きを使って抜いたり、ワックスなどで剥がしてはいけません。

そうした処理をすると、肌に負担をかけることになり、結果的に脱毛できないことにもなりかねません。剃るのがいちばん確実で、電気シェーバーや顔用シェーバーなど、肌に極力負担がかからない方法を選ぶべきです。

ただし、デリケートゾーンの場合は、自分での処理は難しいので、無理に処理する必要はありません。Oラインなどは自分で処理すると、かえって肌を傷つけることになるので、プロの技術に委ねるのがいちばん安心です。

ジェイエステはすべての人の綺麗を実現するサロンです。ワキのムダ毛を処理したい方、肌トラブルを解消したい方は、綺麗になる絶好のチャンスです。