指のどこを使ってシャンプーするか

「シャンプーするときは、爪を立てて洗ってはいけない」頭髪ケアに関心がある人であれば、一度はこんな話を聞いたことがあるのではないでしょうか。

確かに爪の先で洗うと頭皮を傷つけてしまうため、おすすめできません。ですが、爪で傷つけないように指の腹で洗うのも正解ではないのです。なぜなら、指の腹でこすることで「新生毛」もいっしょに引き抜いてしまうからです。

新生毛とは、生えたばかりの細い毛で、これから育って太くなっていく毛のことです。通常、髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)という毛が生えてから抜けるまでの周期があって、新生毛の生えはじめは、古い毛が抜けた大きな毛穴に、耳タブに生えているような細い状態で生えてくるため、頭皮にしっかり根づいていないという特徴があります。

ヘアサイクルに合わせて今まで生えていた髪の毛は抜けていきますが、同時に新生毛が生まれ、太く育っていけば薄毛になることはありません。しかし、シャンプーなどでくり返し新生毛を引き抜いてしまうと、どうなるか? もうわかりですよね。育つ毛がないため、薄毛になってしまいます。これでは、いくら育毛剤を使っても意味がありません。

正しい洗い方は指の腹ではなく、指頭(ピアノやパソコンのキーボードを押す部位、爪先と指腹の中間部分)をしっかりと頭皮にあてること。頭皮をこすって洗うのではなく、指をあてたまま頭皮ごと動かすように洗うことが大切なのです。

AGA治療専門・銀クリ(銀座総合美容クリニック)は、抜け毛・薄毛の主な治療薬であるプロペシア(フィナステリド)やミノキシジルなどの効果的な内服・外用薬での治療を行っています。あなたの抜け毛・薄毛の悩みを解消します。