カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

メタボ対策の方法について

メタボ対策には、食生活の改善を真剣に取り組むことが大切です。
脂身の多い肉はカロリーが高く、コレステロールや脂肪分が蓄積しやすくなります。
そのため、意識して野菜を多く摂るようにすることが大切です。
食生活の基本は1日3回規則正しく食べることです。食事回数を減らすと、栄養バランスが崩れることがあるので、できれば3食食べるのが望ましいでしょう。食事でのカロリー摂取が極端に減ると、人間の体はそれに対応してできるだけ消費カロリーを抑えるようになってしまいます。ダイエット方法を間違えると、メタボ対策の減量どころか少ししか食べないのにすぐ太る、痩せにくい体質になってしまうことがあるのです。
メタボ対策には、運動も不可欠です。
体に溜め込まれた脂肪を減らすためには、脂肪を燃焼させるのが一番です。
筋肉を増やすことを意識したたんぱく質中心の食事と、全身の血液の巡りを良くして筋力を高める運動を取りいれましょう。
カロリーをたくさん消費するには、基礎代謝を高めるのも効果的です。基礎代謝は加齢によって低下するので、同じような食生活をしていても若い頃より太りやすくなるのは自然なことなのです。
メタボ対策をするためには、基礎代謝量に合わせた適切な食事と、毎日の運動が大切です。
そして、お酒やたばこを控えることも重要なポイントになるでしょう。
本気でメタボ対策に取り組むためには、強い意思を持って継続的に取り組む必要があります。

メタボ対策のポイントは

メタボリック症候群は、高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満症などの生活習慣病から判断されるので、これらの疾病の対策がメタボ改善の糸口となります。
生活習慣病とは、その名の通り普段の生活改善が対策への近道となる症状です。
食生活、運動、嗜好品など、生活習慣を改善するで、メタボ対策にもなるのです。
体脂肪は、食事で取り入れたカロリーが代謝しきれずに蓄積されて起こります。そのため、食生活の改善はメタボ対策の主軸になるでしょう。また、塩分の過剰摂取は高血圧の原因だけでなく、腎臓にも負担をかけてしまいますので、食事は量と同様薄い味つけにするよう心がけましょう。
食事もですが、運動ももちろん大切です。体内でエネルギーを余らせないためには、食事のカロリーを控えるだけでなく消費カロリーを増やすことも大事です。消費カロリーは、基礎代謝量によっても異なります。その基礎代謝量は年齢によって変化するものでもあります。
運動と食事のバランスを考えたメタボ対策が有効となるでしょう。アルコール摂取と喫煙もメタボ対策には欠かせません。特にタバコは、善玉コレステロールの数を減らして動脈硬化のリスクを高める作用があると言われているので注意しましょう。喫煙は体力の低下につながるので、有酸素運動をすることも心がけましょう。また、お酒を飲むときに高カロリーのおつまみを好んでいた人は、ヘルシーなものに切り替えるなどの工夫をすると良いでしょう。

メタボ対策の前の基礎知識

メタボ対策をするには、メタボについての知識が必要です。すっかりおなじみになったメタボという言葉ですが、メタボにならないようにするためにはどうような対策をすれば良いのでしょうか。メタボ対策の意識向上のためには、メタボが体に及ぼす悪影響について把握することが大切です。
メタボは、高脂血症、高血圧、肥満症、糖尿病のいずれか2つの症状があり、内臓型肥満が影響を及ぼしている場合に診断される生活習慣病です。ごくわずかの条件の差でメタボになっていない人はメタボ予備軍と呼ばれています。
メタボ予備軍の診断を受けた場合にも、予防のためにメタボ対策に取り組むと良いでしょう。
糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満の症状改善をするためには、体を動かす機会の少ない生活や、高カロリーの食事の摂取、不摂生などを改める必要があります。
最近は子どものメタボも問題視されていますが、大人のメタボと子どものメタボには基準値が違います。
日本肥満学会が決めたメタボの基準値は、成人男性の場合が腹囲85㎝、女性は腹囲90㎝以上です。
腹囲がその数値をオーバーしていて、血圧や血糖値、血中脂質、HDLなどのうちいくつかが該当している人が、メタボリック症状群です。

有酸素運動と体脂肪の燃焼

体脂肪の燃焼には有酸素運動が効果的な方法だといわれています。有酸素運動は、細胞に酸素を送り込めるくらいの呼吸をしながらおこなう運動のことをいいます。自分の能力の半分程度を使う運動で、目安としては息切れしない程度とのことです。
きつすぎる運動や瞬発力を使う運動は有酸素運動ではありません。ウォーキングや水泳、サイクリングなどが有酸素運動の代表ですが、ほかにもいろいろな運動があります。
激しい運動ではないので筋肉に乳酸が溜まることがありません。
長時間続けることができるのが有酸素運動の特徴なので、徐々に体脂肪を燃焼させながら続けることができます。
有酸素運動は、人と会話ができるくらいの負荷で行います。脂肪が燃焼しはじめるまでに20分程度かかるのでそれ以上続けることが大切といわれていましたが、最近では継続しなくても数回にわけて運動することで脂肪燃焼効果が得られることがわかっています。
運動に慣れてない場合、始めは軽い運動から初めて徐々に時間を伸ばしていくのがおすすめです。
有酸素運動で燃焼しやすいのは内臓脂肪であるといわれています。
その理由は、皮下脂肪に比べて内臓脂肪は毛細血管がたくさん通っていて、血液中に体脂肪が流れ込んで燃焼しやすくなるからだそうです。
体脂肪燃焼効果以外にも、心肺機能の強化や血行促進、ストレス発散など、有酸素運動にはいろいろな利点があります。

体脂肪の性質

体脂肪はどのようなときに燃焼するのでしょうか。
脂肪は、食事の摂りすぎや運動不足で消費エネルギーが少なくなったとき、体内に蓄えられて増加します。
中性脂肪が使い切れなかった時、脂肪細胞に蓄えられて増えるのが体脂肪です。
体脂肪には大きく分けると2つの種類があり、胃や腸の周りにつく内臓脂肪と、皮膚の下につく皮下脂肪に分けられます。
皮下脂肪は、蓄積しにくく燃焼もしにくいという性質があり、内臓脂肪は蓄積しやすく燃焼もしやすいという性質を持っています。
運動で燃焼する脂肪の多くが内臓脂肪です。
女性は皮下脂肪が多く、男性は内臓脂肪が多いという特徴があるようです。
皮下脂肪は緊急エネルギー用の体脂肪であり、外部からの衝撃から体を守ったり、断熱作用があるといわれています。
一方の内臓脂肪は、すぐにエネルギーとして燃焼できる脂肪です。
適量なら内臓の下垂を防ぐ効果があります。内臓脂肪が増えすぎると、動脈硬化や高脂血症のリスクが高まるといわれています。
基本的に男性につきやすいものですが、年を取ると女性でも内臓脂肪の増加が目立ちはじめます。
内臓脂肪が増えるとお腹が前に突き出したように見えることから、その体型はリンゴ型と呼ばれています。皮下脂肪が多く下腹部がふくらんでみえる体型は洋なし型と呼ばれています。
いずれの脂肪も有酸素運動で燃焼するので、健康維持や肥満予防のために日常生活に運動を取り入れることをおすすめします。

体脂肪燃焼のメカニズム

ダイエットをしている多くの人が、体脂肪を燃焼させて健康的に痩せたいと思っているでしょう。
体脂肪が多いと体重が増えて太ってみえるので、ダイエットには体脂肪を燃焼させるのが一番だと言われています。
では、脂肪燃焼という現象はどのようなメカニズムで起きるのでしょうか。
人間の体は、食事から摂取したカロリーの中で、消費しきれなかった残りを体脂肪として体内に蓄えます。
体脂肪を蓄積するのは、運動や生命維持のためにエネルギーが必要となった時、いつでも使えるようにするためです。
エネルギーが不足すると、人間の体は血糖値が低下し、脂肪を分解するリパーゼという酵素が活性化して低下した血糖値を安定させようとします。
このリパーゼの働きによって体脂肪は分解され、遊離脂肪酸とグリセロールという成分になります。
分解された成分は血液中に流れ出し、遊離脂肪酸が全身の筋肉でエネルギーとして燃焼されます。
人間の体のエネルギー源となるのは、糖分と体脂肪です。体内でエネルギーが必要となった時、まずはグリコーゲンが消費されます。そして、グリコーゲンがなくなると、次に体脂肪が燃焼します。このことから、有酸素運動で脂肪を燃やしたい場合には、一定時間運動を継続しなければならないといわれるようになったのです。

マイクロダイエットの痩身効果

効果が高いダイエット方法として昔から有名なのが、マイクロダイエットです。
マイクロダイエットは病院発の置き換えダイエットで、1日のうち1回か2回の食事を専用のダイエット食に置き換えるという方法です。
しっかり栄養を摂りながら食事の摂取カロリーをカットできるので、大幅減量に成功する人が多いのもマイクロダイエットの特徴です。
しかし、マイクロダイエットにはいくつかの注意点があるので、挑戦する前に把握しておいた方が良いかもしれません。
マイクロダイエットは、一般的な置き換えダイエットと同様の原理なので、ダイエットに成功しても普通食に戻したらリバウンドしやすいというデメリットがあります。1日2食を置き換えて短期集中ダイエットをした場合は特にリバウンドしやすい状態になります。
置き換えダイエットは、短期間で大幅減量に成功しやすいものですが、元々食べるのが好きな人が我慢しておこなうと反動で暴食しやすいので気を付けましょう。
結婚式や同窓会などのために短期間で一気に痩せたい場合など、緊急時のダイエットとしておこなったほうが良いかもしれませんね。
目標を達成した後、維持する方が大変なのがマイクロダイエットの最大のデメリットと言えるでしょう。

DVDでダイエットする方法

ダイエット方法にはいろいろありますが、ダイエットDVDを利用する方法は特に人気があります。
ダイエット方法としてもっとも有名なのが、食事を減らして体脂肪を燃焼させるダイエットでした。
食事から取り入れたカロリーは、消費されなければ脂肪として蓄積されます。蓄積した脂肪を減らすには、食事のコントロールだけでは不十分なので、運動でエネルギーを消費して脂肪を燃やすようにしましよう。
そのため、食事制限と運動を両方ともおこなうのが、ダイエット成功には欠かせないのです。運動は、体力向上や健康維持のためにも良いので、日課にすると良いでしょう。
ダイエットも健康増進も目指す場合は、食事を減らすダイエットより運動を中心にしたほうが確実に効果が出るでしょう。
DVDを見ながら運動をするダイエット方法は、キレイな体型を作ることと健康増進につながるダイエットとして注目されています。
運動中心のダイエットというと、屋外に出たりジムに行ったりするイメージがあるかもしれませんが、DVDに合わせて体を動かすダイエットは自宅で気軽にできます。
都合の良いタイミングで、自由にできて人目も気にしないで済むので続けやすいのではないでしょうか。
DVDを見ながらなら、わからないところは巻き戻して納得いくまで見ることができるのも便利です。
忙しい主婦でも、家事や育児の合間に、遅くまで働いている人は起床後や帰宅後の日課として、楽しくエクササイズをおこないましょう。
DVDの購入費用だけあればいいので、ジムやフィットネスに通うより経済的で無駄がありません。

小顔ダイエットと骨格

小顔ダイエットに成功するためには、自分の顔の骨格について知っておくことが大切です。
顔には、土台となる頭蓋骨やあごの骨があり、その骨格は人によって違います。
よくいう小顔、大顔も、骨格が基本です。顔を形成する骨が大きいと、どうしても顔は大きめになってしまいます。
また、あごの骨も形によっても顔の印象は大きく変わります。
あごの骨が横に広がったいわゆるエラ張りの人は、顔が大きく見えやすくなります。
逆に、アゴの骨が小さい人は、華奢で小顔な印象になります。
近年の小顔ブームもあって、小顔ダイエットは各方面で注目されていますが、小顔ダイエットには大きくわけると2つのタイプに分かれているようです。ひとつめは、マッサージや表情筋エクササイズなどで顔の筋肉を刺激して引き締める方法です。
ふたつめは、顔周りのリンパの流れを良くするマッサージをする方法です。
むくみを取ることで小顔効果を高めることができます。
小顔ダイエットの効果はどちらの方法にもありますが、やはり限界はあります。
体脂肪がつきやすい体と違って、顔はもともと脂肪が少ないので、あごと頬が少し引き締まるという程度でしょう。
顔のサイズが劇的に変わるようなダイエットではなく、表情やパット見の印象に違いが出ることが目的となっています。
実際にサイズを小さくしたい場合には、骨格からの矯正がもっとも効果的でしょう。

メタボリック症候群の予防方法

メタボリック症候群を予防するためには、食事の改善と適度な運動を心がける必要があります。
食事は栄養バランスに気を付けて、毎日3食きちんと食べる事が大切です。カロリーのとりすぎにならないように気をつけることも大切ですが、単にローカロリー食を食べるだけではメタボリック症候群の予防はできません。脂身の多い肉や油脂製品を控えて、野菜や果物でビタミンとミネラルをバランスよく摂取しましょう。飲酒や喫煙の習慣も、メタボリック症候群に関係しますので、できるだけ量を減らしましょう。
運動は、週に1~2回程度、水泳やウォーキング、ジム通いなどをするだけでメタボリック症候群の予防になります。仕事や家事でスケジュールが詰まっている人は、メタボリック症候群予防のための運動をする時間が取れないこともあるでしょう。
その場合は、エレベーターをやめて階段を使ったり、いつもより早く家を出てひと駅分歩くなど、日常生活で取り入れられることをおこなうだけでも効果的です。
毎日の生活リズムはそのままで、運動量を増やすことはできるのです。
外出の用事がある時は、車ではなく自転車や徒歩移動にしましょう。
メタボリック症候群の予防策にはいろいろなものがあります。
いずれの方法でも、大事なことはとにかく続けることです。はじめから頑張りすぎると長く続かないこともあるので、食習慣や生活習慣など、できることから改善してメタボリック症候群の予防をしてみましょう。