体脂肪燃焼のメカニズム

ダイエットをしている多くの人が、体脂肪を燃焼させて健康的に痩せたいと思っているでしょう。
体脂肪が多いと体重が増えて太ってみえるので、ダイエットには体脂肪を燃焼させるのが一番だと言われています。
では、脂肪燃焼という現象はどのようなメカニズムで起きるのでしょうか。
人間の体は、食事から摂取したカロリーの中で、消費しきれなかった残りを体脂肪として体内に蓄えます。
体脂肪を蓄積するのは、運動や生命維持のためにエネルギーが必要となった時、いつでも使えるようにするためです。
エネルギーが不足すると、人間の体は血糖値が低下し、脂肪を分解するリパーゼという酵素が活性化して低下した血糖値を安定させようとします。
このリパーゼの働きによって体脂肪は分解され、遊離脂肪酸とグリセロールという成分になります。
分解された成分は血液中に流れ出し、遊離脂肪酸が全身の筋肉でエネルギーとして燃焼されます。
人間の体のエネルギー源となるのは、糖分と体脂肪です。体内でエネルギーが必要となった時、まずはグリコーゲンが消費されます。そして、グリコーゲンがなくなると、次に体脂肪が燃焼します。このことから、有酸素運動で脂肪を燃やしたい場合には、一定時間運動を継続しなければならないといわれるようになったのです。