有酸素運動と体脂肪の燃焼

体脂肪の燃焼には有酸素運動が効果的な方法だといわれています。有酸素運動は、細胞に酸素を送り込めるくらいの呼吸をしながらおこなう運動のことをいいます。自分の能力の半分程度を使う運動で、目安としては息切れしない程度とのことです。
きつすぎる運動や瞬発力を使う運動は有酸素運動ではありません。ウォーキングや水泳、サイクリングなどが有酸素運動の代表ですが、ほかにもいろいろな運動があります。
激しい運動ではないので筋肉に乳酸が溜まることがありません。
長時間続けることができるのが有酸素運動の特徴なので、徐々に体脂肪を燃焼させながら続けることができます。
有酸素運動は、人と会話ができるくらいの負荷で行います。脂肪が燃焼しはじめるまでに20分程度かかるのでそれ以上続けることが大切といわれていましたが、最近では継続しなくても数回にわけて運動することで脂肪燃焼効果が得られることがわかっています。
運動に慣れてない場合、始めは軽い運動から初めて徐々に時間を伸ばしていくのがおすすめです。
有酸素運動で燃焼しやすいのは内臓脂肪であるといわれています。
その理由は、皮下脂肪に比べて内臓脂肪は毛細血管がたくさん通っていて、血液中に体脂肪が流れ込んで燃焼しやすくなるからだそうです。
体脂肪燃焼効果以外にも、心肺機能の強化や血行促進、ストレス発散など、有酸素運動にはいろいろな利点があります。